Design Policy

 

1996年6月勝沼にて撮影

1996年6月勝沼にて撮影

「natural taste」

当設計事務所では、急な環境に変化に対応できる健康住宅、地震や火事に強い暮らしの安全に配慮した人に優しい家づくりを応援しています。

人や自然にやさしい活動を応援することで身の回りに心身ともに安らぐ家やまちを創りたいと考えています。

 

 

 

 

ウサギとリスの木彫

ウサギとリスの木彫

「selection」

自然素材の暖かさや柔らかさなどクライアントの感覚に合わせて、構造材や仕上材を選んで設計することが大切だと考えています。

 

 

 

 

 

 

ホタル

ホタル

「life」

建物は、特に高断熱・高耐震化をすすめています。敷地の気候や日射などの環境条件に配慮し、屋根や外壁、開口部の断熱設計による建物の省エネルギー化や、地盤・基礎、建物構造の安全性を確保し高耐久化が大切です。

 

 

 

 

 

手水鉢

手水鉢

maintenance」

衛生的な環境や見た目の美しさを大切にします。

維持管理に配慮した設計は、新築だけでなく、老朽化した建物の建替などでも、リノベーション(用途変更)やリフォームでも、省エネルギー化や高耐久化が大切です。

 

 

 

 

行燈

行燈

「process」

設計や工事監理の打合せで工事の状況を分かりやすく、提案することが大切です。

このため、工事進捗や工事内容を可視化します。

設計や工事監理の専門家として工事の過程での問題に真摯な対応を心がけています。