高断熱住宅現場見学

岐阜県恵那市の金子建設工業が造る土壁を使った高断熱構造の木造住宅を見学させていただきました。 高断熱住宅の内装に土壁を使うと蓄熱層になり、冷房でも暖房でもその熱を建物に蓄熱し、室内の温度変化を抑えます。 室内が20~25度で一定の温度に保つことは、健康な住宅づくりに大変重要なことです。 省エネルギーの高断熱住宅をたくさん造りたいですね!

2013/7/24恵那市金子建設工業建設現場
2013/7/24恵那市金子建設工業建設現場

2013年7月わくわくサロンの屋上緑化

昨年夏に竣工して間もなく、1年になるデイサービス施設の1年点検に伺いました。 室内からトップサイドライトの窓面が、森になっています。屋上緑化の場所にひまわりが乱立していました。 屋根に太陽光発電を設置、高断熱構造なのでゼロエネルギー施設を目指しています。

Y邸(滋賀県大津)

木造2階建て純和風住宅。栗で造った玄関扉、吹き抜けを松の丸太で支え、暖炉を造りました。 階段踊り場を和紙で覆った行燈を下げて照らしました。2階和室天井に厚い杉板で天井を仕上げ断熱材に炭化したコルク板を使っています。 暖炉で家丸ごとポッカポッカにしています。