「2013」カテゴリーアーカイブ

豊中市S邸の高断熱構造

S邸の構造見学会を終えることができました。

本日は、多数のお客様や専門家の方々に木造住宅の構造見学をして頂くことができました。

大変ありがとうございました。

施主様より工事について、ご感想(ココをクリック→owner_report)を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

豊中市S邸高断熱構造
豊中市S邸高断熱構造

 

 

構造見学会のお知らせ 11月17日(日)

本格的に寒い日がはじまる前に無事、見学会を終えることができました。
寒い冬を迎える前に、高齢者に優しい省エネルギー住宅の家づくりを勉強されてはいかがでしょうか?

下記のリンクで、ご案内をさせて頂きました。

OPENHOUSE

屋根の高断熱構造を支える垂木高さ235㎜

 

屋根断熱工法の通気層

高断熱住宅では、屋根の断熱材は、関西でも最低200㎜を確保しています。断熱層だけでなく、ダウンジャケット着た時のダウンの中をフカフカに保つため、通気性を確保して、断熱材の乾燥状態を維持することが大切です。こうすると断熱材の断熱性能もアップします。ルーフスペーサー参考資料http://www.njkk.co.jp/download/pdf/roof_spacer_catalogue.pdf

ルーフスペーサー
屋根通気工法